詳細:A・Oさん 70代 調布市在住

10年来、変形性股関節症を患われていて、現在ではかなり重度の症状を呈してらっしゃいます。歩くのが痛く辛く、立つ時、座る時の筋肉の痛みもひどく、最近になって更に左右の脚長差に開きが出て来たという事です。

患側である左股関節の可動領域は極端に狭まり、周辺領域への可動性を極僅かに残し、内捻れで奥深くに固定されたような状態でした。右足が長く両股関節共に内旋・内転し、骨盤の高低差は3センチ以上。患側である左股関節の内旋の度合いが強く、骨頭が入った分だけ脚が短くなっています。

変形性股関節症がここまで進行するには、この短い方の左足に重心をかけ続け、何十年と内旋させてきた時の流れがあります。抑制側である左半身-左目の眼圧が高くなっています。また、14、5歳から婦人科系、消化器系の不調を抱え、15歳で盲腸、21歳で卵巣嚢腫、41歳で子宮頸ガンそれぞれの手術を受けておられます。

これらはいずれも左足が長い場合の症状なのですが、両股内旋という混合型には左右の症状が混合して出ます。それにしても、右足の長い方でありながら、左足が長い場合の症状が多く、これは、手術を受け始めた14、5歳以前から、左右の歪みが複雑で力学的に重症であったことを物語っています。

体質的にはお強いので、右足が長いのは先天的なものである事は間違いないと思われます。右足が長い場合の症状としては、心電図の検査で問題が指摘されているようですが、大事には至ってらっしゃらないということです。

変形性股関節症を10年来患われている左股関節は、歩くのが痛く辛く、立つ時、座る時の筋肉の痛みも酷い状態です。仰向けに寝て左膝を曲げ、それぞれ内旋、内転、外旋、外転方向へと動かした時、可動領域は極端に狭く、数センチという僅かな範囲内をかろうじて動くのみでした。

両股関節共に内転・内旋(内捻れ)していて、過度に内旋した左股関節に立った時重心がかかる事により更に内旋させて症状を進行させますから、一刻も早く、股関節の角度を矯正して脚長差を縮めていく必要があります。進行を食い止めるためには、少しでも早く外旋させていく事が非常に重要です。

膝押しなどで股関節を緩めながら、正中線から外へと少しずつではありますが開いていく事ができました。やがて二回目の施術でこの外転方向への可動性は大きく改善され、それに引き摺られるようにして、問題の外旋方向へも少しずつ矯正されるようになりました。

股関節をこのように外へ外へと開いていくと、眼圧の高い右目に気が通ったり、また、鼻の通りが良くなったりといった様々な体感を感じられています。

矯正日の翌日はいつも、だるく眠いなどの好転反応が毎回出ているようですが、体が良くなるためには必要なことですので、上手にお付き合いされて行かれればと思います。

三ヶ月の間に12回の矯正を行い、可動領域は大幅に改善されています。ご家族の方が仰るには、痛いと訴えられる回数がだいぶ〔30%〕減ったということです。それから、患足である左足へも体重を乗せることができるようになったとご本人は言われますが、股関節の角度が正しい方向へと矯正されているために、今までよりも安定感が少しずつ出てきているのでしょう。

A・Oさんの場合、矯正動作や屈伸運動を行うことは、現実にはほとんど不可能な状態です。お教えした運動を、毎日10回位行っている事により、矯正の効果が維持できているのだと思われます。それでも、矯正後一週間から10日程経ちいらした時には、可動領域がほとんど元に戻っています。

しかし矯正するとすぐに、前回矯正したところまでは開くようになります。この繰り返しで、確実に、より正しい股関節の角度へと次第に慣れていき、更なる矯正が可能となっていきます。

三ヶ月で、この可動領域の改善の仕方には目を見張るものがあります。次の三ヶ月では、更なる改善を目指して、少しずつまたがんばっていきましょう。

施術をはじめて丁度四ヶ月が過ぎようとしていますが、状態は更に改善され、矯正後日数が経過しても、前の状態へ戻ったり開き辛くなるような事がなくなりました。矯正後の好転反応(だるさ、眠気等)も出ることなく、股関節はより良い状態で安定しています。

開かなかった左足(患足)が開くようになった状態で落ち着いています。股関節の状態にこれだけ大幅な変化がはっきりと認められて始めて、改善したと言えると思います。一段階クリアですね。

患足が正しい角度に矯正されてくると、自然に体が動いてあれもこれもと忙しく立ち働く事も出来るようになり、以前の雰囲気が戻ってきたとご主人も嬉しそうです。『60パーセントの回復』と言われましたが、これなら120パーセント回復される日もさほど遠くない事でしょうね。

筋力の衰え等を気にされていましたが、徐々に股関節が矯正されていく過程において、より正しい角度での筋力が実はしっかりと発育していたのを、感じられるのではないでしょうか。だからこそ、状態が安定して保たれるようになっています。

股関節の矯正+矯正動作というのは、その方にとってのもっとも適切で基本的な筋力トレーニングとも言えます。だからこそ、矯正の過程において好転反応も起きて来るのですが、このトレーニング(股関節の矯正+矯正動作)をご自分の範囲で続けていかれれば、今度は、正常な股関節が心身を土台からしっかりと支えてくれるのです。それだけの価値は十分にありますよね。

お問合せ・ご相談

千光士 睦
千光士 睦
【資格】
礒谷式力学療法方術師正師範
JAA認定アロマコーディネーター

連絡先 お問合せフォーム