詳細:S・Wさん 30代 東大和市在住

レントゲン写真は、高校生の時に変形性股関節症と診断された30代の男性のものです。この方は小学生の時に走り幅跳びをしていて着地した時に足を痛め、この些細な出来事が引き金となって状態が悪化し、高校生の時に変形性股関節症と診断されました。

診断された時から15年間、毎年、病院でレントゲン写真を撮って経過を見ていますが、これまで特に目立った悪化もなく、軟骨の磨り減りもないと言う事で、この写真を撮ったしばらく後に、こちらにいらっしゃいました。仰向けに寝た状態で両脚を伸ばした時、左足の踵が右足の踵より5センチ以上長い状態でした。

左股関節が外旋・外転、右股関節が内旋・内転し股関節の角度異常を起こし、左足が長く、右足が短くなってその差が5センチを優に超えていたのです。歩くたびに身体が左右に大きく傾いて跛行し、重心がかかってくる右足の人差し指、中指、薬指は曲がって、上に飛び上がっていました。

15年前に診断された当初、このような指の変形、身体の不釣合いや脚長差は、これ程までではなかったはずです。進行すればいずれ手術という前提の下に、まだ〔若いので〕手術はできない。と言われたそうですが、しかし実際のところ、時の経過によって進行するのは、股関節転位と、それに伴う脚長差なのです。

脚長差の度合いに年数が加わって、患部〔股関節〕の進行が加速していく事は明らかですが、30代前半という年齢の今、レントゲン写真で見て確認できるようなところにはまだ至ってないというだけの話です。このような状態で、股関節の矯正をはじめられました。

継続して通い始めて半年経った頃、5センチ強あった脚長差が、2,5センチと半分以下にまで縮まりました。奇形で発育されたものと思っていた右足指は、関節の状態がほぼ正常に治り、歩行時の跛行と身体の揺れも大幅に改善されています。

歩くたびに体の軸が左右に大きく揺れていたような状態から、体の支柱を中心に大部分保てるようになっている事もあり、疲れ方の度合いも大分減りました。但し、以後は、施術の間隔が少し空いたりなどして、脚長差が3センチ前後を行きつ戻りつしている状態です。

脚長差は最初はある程度順調に縮まっていても、ある時点で縮まり辛くなります。横ばい状態の今がその時ですから、スクワットや屈伸運動等を如何に正確にできるようになるか、という事が、今後の経過に大きく関わってくると思います。

お問合せ・ご相談

千光士 睦
千光士 睦
【資格】
礒谷式力学療法方術師正師範
JAA認定アロマコーディネーター

連絡先 お問合せフォーム