詳細:Y・Sさん 50代 新宿区在住

今からちょうど五年前、右側の股関節と右の腰、左足首に痛みが出て歩き辛くなり、病院を受診され、レントゲンで各部位を撮影した結果、変形性股関節症〔右股〕、変形性腰椎症〔第4腰椎変形〕、左足首の踝の骨棘が外側に出ていると言われました。

その後、接骨院に行かれたりマッサージを受けたりされましたが改善されず、痛み止めの薬がどんどん効かなくなって服用の量と回数が増えて行きました。現在は、左脚が右脚より5センチ以上長い状態で、杖をついて歩かれています。

左股関節が外旋・外転、右股関節が内旋・内転している単純系で、両股関節共に内旋した場合などと比べ症状の進行が早くなりますが、矯正の効果も現れやすい股関節の型です。

動かし辛かった右股関節は、初回の矯正で少し動くようになり、帰られる時には早々と痛みが軽減したのです。一時的なものかと思いましたが、それから次の矯正にいらっしゃるまで、一日3粒飲んでも治まらなかった痛みが一日一粒の量で痛みを感じなくなりました。

また、足首の痛みに関しては、矯正後ひと月位から忘れていたそうで、改めて気づいたら、ずっと痛みがでていなかったと報告をいただき、右の腰に抱えていた腰痛もそれ以前になくなっていました。以後、この変形性腰椎症の痛みと足首の痛みは完全消失し、股関節の痛みも、一日一粒のロキソニンで事足りる状態が続いています

更に、開き辛かった右股関節は、矯正を重ねる毎に開くようになって来ていて、刻々と角度が変化し、筋肉痛もそれに伴って起きてきました。歩く時の身体の揺れも、前ほどではなくなってきているのは、立ち方に安定感が出てきたためです。先日は、歩くときついていた杖を、振り回しながら階段を上っているご自分に気がついたという事です。

4ヶ月弱の矯正期間に8回程の矯正で、ここまでの効果が現れたのは、やはり、何と言っても、単純系というこの方の股関節の型故だと思います。矯正の速度はスピーディといって良いですが、股関節に痛みを感じて宣告されてから悪化していくスピードというのも本当に早かったということです。坂道を転げ落ちていくような速さ、と仰っしゃられたのですが、知り合いの変形性股関節症の方が、その進行の早さに大変驚かれていたということなのです。

長く変股症を患われて、いずれは手術をと考えてらしたこのお知り合いの方にとっては、つい昨日まで、普通に歩いていた人が変股症と診断されてからというもの、目の前で姿勢や歩き方などが悪化していくのを見るのは予想外だった事でしょう。

背筋が反り返って見えることがある、というお話からも、恐らくこのお知り合いの方は両股関節共に後方転位といって内旋しているタイプではないかと思われます。両股関節共に内旋・内転していれば、この方のように、症状の進行は大分遅くなります。

お問合せ・ご相談

千光士 睦
千光士 睦
【資格】
礒谷式力学療法方術師正師範
JAA認定アロマコーディネーター

連絡先 お問合せフォーム