N・Sさんからいただいた感想文

臼蓋形成不全症の改善例私が臼蓋形成不全と診断されたのは、19歳の時です。時々歩くと右股関節がポキッポキッと鳴り、また滑らかに動かないような感覚がしたため整形外科を受診しました。

ちょうどその頃、血の繋がりのない叔母が臼蓋形成不全で手術したため「もしや自分も」という思いもありました。結果は予想したとおりで、『30歳を過ぎた頃に手術しましょう。それ以外の方法はありません。なお、なるべく手術を伸ばすためには毎日のリハビリが不可欠です。』と診断を下されました。少し、暗鬱とした気持ちになりました。

痛みや痺れ等の臼蓋形成不全特有の痛みはまだ出ていなかったため、趣味のスノーボードやスキーを続けたりしながらプールへ通い、リハビリを始めました。10年以上も先の手術というのは、若い私には実感が湧かなかったため、他の方法も特段考えず事実を素直に受け入れた節がありました。

悪化し出したのは、22歳頃で、スノーボードをした後に右太ももの鈍痛、右腰痛、右の偏頭痛が出始めました。恐らく臼蓋形成不全が要因だろうとは思っていましたが、市販の痛み止めを飲みながら対症療法で日常を過ごしていました。

25歳頃からは2週間に一度のペースで整体に通い、股関節と腰を整えてもらって、痛みはなくなり状態は落ち着いていました。

29歳で妊娠したのをきっかけに、またひどくなりはじめました。引越しもしたため整体に通えなくなり、また、お腹が大きくなるにつれ右股関節に再び違和感が走るようになりました。

産後は、ぐっすり寝ることもままならない忙しい生活の中、赤ちゃんを前に抱っこして、動いていましたが、忘れかけていた右太ももの鈍痛、右腰痛、骨盤の痛み、右の偏頭痛、吐き気がいっぺんに襲ってきました。

それでなくとも夜間に3回の授乳があったため、熟睡するということができない毎日の中『早く寝付かなくては、またすぐに赤ちゃんが起きてしまう!』という気持ちの焦りが出て来、不眠症になってしまっていました。

それに輪をかけたのが右足の痙攣(けいれん)と、右腰痛、骨盤の痛みです。寝付いたかなという頃に足が痙攣するのです。そのため、びっくりして起きてしまい、また寝付いたと思うと痙攣して起きるということの繰り返しで、余計に睡眠に対して恐怖を覚えるようになっていきました。

そうこうしていうちに、インターネットでハンズオブライトのHPを見つけました。私と同じ病名の方々の症例が載ってあり、ことごとく良くなっていることを知り、希望の光が見えた気がし藁にもすがる思いで電話をしました。

初回の矯正を受けた際、立ち上がった瞬間、体が軽く違和感がなくなっていました。体の左右のバランスが取れているというか、どこにも負担がかかっていないというか、全体としてスッ! と立てていたことに驚きました。

その夜、臀部、腰、大腿部に痛みが出ませんでした。いつも行っていた腰回し運動をしたときに感じる右骨盤の痛みと突っ張りもなく、就寝時のけいれんもでなかったので、ぐっすり眠る事ができました。

以後、私は鎌倉に住んでいるので片道2時間半以上かかる道を、最初の数回は頻繁に通うことにし、自宅では先生に教えていただいた独特な屈伸運動と矯正動作を毎日休まずに続けています。今では症状も良くなり、不眠症も治っています。

少し、股関節の状態が悪いかなと思うときは上記屈伸運動を長めに行ったりして状態を悪化させないように気をつけています。

この臼蓋形成不全という病気は、とにかく気持ちが暗くなるものでした。何をするにしても、症状が出ないかという心配が脳裏をかすめていました。矯正に通いだしてからは気をつけるポイントさえしっかり把握しておけば、普通の人と同じように活動することができるため、気持ちが非常に楽になったと感じています。

一言で言えば「前向きになった」ということに尽きるでしょう。

体のバランスを保つためのポイントをしっかり守って生きていけば、これから一生、この股関節を保つことは可能だと信じています。何よりも自分の体を守るのは自分しかいないのだから、体の声に耳を傾け大事に使っていきたいと思います。

施術の詳細はこちら

H・Hさんから頂いたお手紙1

変形性股関節症の改善例ハンズオブライトでの施術を受け始めたのは手術宣告される2週間前で、3回施術した時点では、まだ良くなっているいうと実感が沸いていませんでした。

手術しなければいけないのか、しなくても大丈夫なのか。気持ちは常に揺れ動いていましたが、始めてから2ヵ月経とういう頃からは、痛みの度合いも変わってきて楽に感じることが多くなってきました。ただその変わりに、現在は好転反応のせいなのか、だるさと眠気を感じることが多くなってきました。好転反応は人によって感じ方が違うようですが、私は比較的軽いように感じます。でも寝込むほどの好転反応もあるそうなので、ないように祈るばかりです。

痛みに耐えて仕事をしていた頃、歩くのがままならなかった頃。その時を思えば、この2ヵ月半の間、股関節矯正を続けてきて本当に良かったと思います。矯正動作は正直人目も気になり、常にストレスを感じ自分との戦いでした。矯正運動と矯正の為のウォーキングも、矯正動作で疲れきっている身体に鞭打って、何とか頑張って続けて来れました。

まだ安心出来るとこまでは至っていませんが、安定したらそれを維持できるよう、筋力作りの為に運動に励みたいと思っています。股関節のみならず、身体全体の筋力もつけたいです。

先生、それまで、どうか宜しくお願いします。

施術の詳細はこちら

H・Hさんから頂いたお手紙2

変形性股関節症の改善例~頂いたお手紙から一部抜粋~

実は小さい頃から悩んでいた肌疾患がいつの間にか治っていたんです。毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と言います。毛孔内に角質が溜まることによって起きる角質異常で、皮膚病の1つです。

それは3日前、風呂上りにクリームを塗っている時に気づきました。あれ?ざらざらしない。よく触って両腕を見てみると、ザラザラした赤みを帯びた突起物がすっかり取れて無くなっていました。

毛孔性苔癬は両腕の肩から二の腕に広がっていました。10代の頃は見た人から気持ち悪いと言われ、二の腕は常に隠れるよう意識していました。20代の頃、気にして皮膚科に診てもらった時、毛孔性苔癬と言われました。対処法はクリームを塗ることしかなく、数ヶ月通いましたが治ることはありませんでした。もう治ることはないんだと諦めていました。それがいつの間にか消えていたんです。

あの首に急にザラザラ感を感じた直前までは、毛孔性苔癬はあったと思います。首のザラザラが出てからは、そのことが気になってすっかり毛孔性苔癬のことは忘れていました。だからいつ消えたかはわかりません。

これは絶対に股関節矯正のおかげだと思いました。最近身体に起こっている変調がその証拠です。何より血流が良いのは感じます。疲れにくくなった、疲れが取れやすくなったなど。食事している時手がびっくりするほどピンク色になっているのに気づいたのは土曜の夜。今日も確認しましたが、手の平と手の甲全体がやっぱりピンク色になりました。うわ~うわ~とただただ嬉しくなりました。

施術の詳細はこちら

Mさんからいただいたコメント

股関節痛の改善例Mです。いつもお世話になります!
毎日の矯正動作に加え新しく教えて頂いた矯正(スクワット)のおかげで痛みからどんどん遠のいている毎日です。ある日いきなり痛みがなくなった!という訳ではなく、気がつくと「...痛くない!?」と気づく事がどんどん増えてきました。毎日の積み重ねのおかげですね。ありがたいありがたい。

またお腹ぽっこりだったのも年齢のせいかと思っていましたが、これも気づくと全然出ていなくてそういえば私はナイスバディの持ち主だったんだ!と思い出すことができました。数年前の素敵な服も引っ張りだして着ています。ありがたいありがたい。

まだまだ先は遠いですが、教えを守った動作や体勢をして毎日少しずつ正常な体に戻っていることを実感しています。憧れのポールダンスも今なら始められそうな気持ちです!早く正常になるといいな~

施術の詳細はこちら

お問合せ・ご相談

千光士 睦
千光士 睦
【資格】
礒谷式力学療法方術師正師範
JAA認定アロマコーディネーター

連絡先 お問合せフォーム